ワイヤーソーイング工事

ワイヤーソーイング工事とは

ダイヤモンドのビーズをスチールワイヤーに数珠状に通したものを対象物に巻きつけて、ワイヤーを高速で回転させることによって切断する方法です。
大規模な改修、躯体工事に適した工法で、橋脚などボリュームのある構造物を解体するのにも適しています。

工事の写真

既存柱型切断撤去工事
(1200mm×600mm×3200mmH・5.3t)
柱小割切断ブロック吊降ろし移動